御祈祷・おはらいのご予約は・・・
0564-21-4345

毎月25日は、天神様と慕われる菅原道真公の御縁日です。

菅公がお生まれになったのは、承和12年(845)6月25日。
菅公が太宰府に左遷されたのが、昌泰4年(901)1月25日。
菅公がお亡くなりになったのが、延喜3年(903)2月25日。

このことから、25日が天神様にゆかりの深い日とされています。

 

天神様をおまつりする当宮でも、毎月25日に月次祭を斎行しています。

毎月25日は天神様の日。天神様にお参りし、御加護を祈りましょう! 

当神社は二柱の神様をおまつりしています。


菅原道真公(すがわらみちざねこう)

sugawaramichizanekou

  学業成就・入試合格の守り神
  書道上達・詩歌上達の守り神

代々の学者の家柄にお生まれになった菅公は、幼少の頃より勉学に優れていました。

五歳の頃「美しや紅の色なる梅の花あこが顔にもつけたくぞある」の御歌を詠まれたと伝わっています。

難関の国家試験にも合格し、次々と出世をし、右大臣にまでなりました。

しかし急な出世が災いし、太宰府に左遷の憂き目に遭われました。

しかしそれでも誠を貫かれたお姿は、後世多くの人の心を動かし、天神様と慕われています。


 

道臣命(みちおみのみこと)

michiomi

  病気平癒・厄除開運の守り神
  交通安全・幼児虫封の守り神

大伴氏の祖神で、神武天皇東征の折に先鋒をおつとめになり、八咫烏(やたがらす)の先導を得て、賊を打ち破り皇軍を大和に導く軍功をあげられました。

神武天皇即位の折には宮門警護の任を受け、初政務の折には邪気を祓う神事を行われました。

それ故、諸々の罪穢れ、邪気、病気等を打ち負かすお力が信仰されています。

また非常に勇敢な神様であることから、ボーイスカウトの守護神にもなっています。