印刷

七五三まいりの御案内

作者: 宮司 on . Posted in 御祈祷

七五三まいりは、幼児の健やかな成長を祈願する人生儀礼です。
古くは「髪置き(かみおき)」「袴着(はかまぎ)」「帯解き(おびとき)(紐(ひも)解き)」の祝いと称しました。
髪置きは三歳の男女児の祝いで、もう赤 ん坊ではないという意味から、今まで剃っていた髪をこの日から伸ばし始める儀式です。
袴着は五歳の男児の祝いで、初めて袴を着ける儀式。
帯解き(紐解き)は七歳の女児の祝いで、着物の付け紐を取り去り帯に替える儀式です。

髪置(かみおき) 数え3歳の 男児 と 女児
袴着(はかまぎ) 数え5歳の 男児
帯解(おびとき) 数え7歳の 女児

※七五三は数え年で行うのが本義ですが、誕生月の関係もあり、満年齢で行っても差し支えありません。

現在では、その年齢にあたる子どもに晴れ着を着せて、11月15日を中心に氏神様や崇敬する神社へ参詣し、お子様の成長を神様に報告し、今までのご加護を感謝すると共に、今後の成長とさらなる健康を祈願する儀礼となっています。
当神社では、お子様の健やかなご成長を祈念し、10月中旬より12月上旬まで七五三のご祈祷を受付しております。
ご祈祷を受けられたお子様には、千歳飴、知恵守り、七五三絵馬、楽しいおみやげを授与しています。

当岡崎天満宮は、学問の神様・菅原道真公(すがわらみちざねこう)と厄除開運・交通安全の神様・道臣命(みちおみのみこと)をおまつりしており、子供の守り神として岡崎市内を始め県下各地の多くの方々より篤く崇敬されている神社です。

天神様は、お子様の将来を幸福にお守り下さいます。是非、ご家族お揃いでご参拝下さいますようご案内申し上げます。

ご祈祷料  5,000円

(兄弟割引)二人 8,000円
        三人10,000円


※随時受付しております。